在宅ワークで夫の扶養内でいくらまで稼げる?配偶者控除・確定申告、収入UPに役立つ資格について解説

在宅ワーク(扶養内)在宅ワークで働く
在宅ワークで働く
この記事のまとめ
  • 年収48万円以内なら控除の範囲内
  • 年収48万円~は確定申告が必要
  • 年収133万円以内なら特別控除の範囲内

夫・妻の扶養に入る場合の扶養の内容は?

「扶養」といっても、配偶者と親族では
適用される制度が異なる。

配偶者控除・配偶者特別控除が適用される

在宅ワークを始めるにあたり、配偶者の扶養の範囲内で収入を得て、所得税や住民税などの面で節税したい、と考えている人はとても多いです。

今回は、いくらまでなら配偶者の扶養の範囲内とみなされるのかを紹介していきます。

一般的に、配偶者の扶養の範囲内で収入を得ると、「配偶者控除」「配偶者特別控除」を受けられることになっています。

配偶者控除とは、配偶者の年収が一定以下の場合に、納税者が負担する税金が軽減される制度です。 一方、配偶者特別控除は、配偶者の年収が配偶者控除の基準より多い場合でも、年収に応じて段階的に控除が受けられる制度です。

では、在宅ワークの場合はいくらまでの収入ならこれらの控除を受けられるのでしょうか。

よく聞く「扶養控除」とは年齢や納税者などが異なる

「扶養控除」と「配偶者控除」を同義に捉えている人も多いですが、似て非なるものです。

扶養控除の対象になるのは、生計を一にする配偶者以外の親族(その年の12月31日現在で16歳以上)で、それらの人たちの合計所得額によって納税者の所得税や住民税額は変化します。

一方配偶者控除はその名の通り配偶者限定の控除であり、このため配偶者は扶養控除の人数には含まれません。 また、扶養控除のように年齢制限もありません。

在宅ワークでもパートと同じ扶養内で働ける?

どちらも扶養内で働くことは可能
ただし、扶養に入るための基準が異なる!

「在宅ワーク」と「パート」では
扶養の基準が違うので注意!

在宅ワークの定義はさまざまですが、この記事では「自営型テレワーク」とも呼ばれるものを指します
企業などから依頼され、パソコンを使って成果物やタスクを納品するワークスタイルが基本です。

クラウドソーシングなどを介してマッチングする場合が多く、雇用契約を結ばない働き方です。
そのため、報酬は「雑所得」や「事業所得」として分類されます

一方、パートタイムで働く場合は企業と雇用契約を結ぶため、雑所得ではなく給与所得扱いになります
このため、在宅ワークとパートでは控除範囲の基準が変わってきます。

パートとの扶養の基準の違いは
「所得」の種類

パートで給与所得を得る場合

パート(扶養内)

配偶者の年収が103万円以内であれば配偶者控除を受けられ、納税者は基礎控除38万円に加えて給与所得控除65万円が適用となります。
そのため、配偶者自身に所得税が発生しません。

しかし、年収が103万円を超えると、その分が課税対象の所得となります。

パート(課税所得あり)

在宅ワークで雑所得を得る場合

在宅ワーク(扶養内)

収入から経費を差し引いた金額=所得が年収48万円以内となれば、配偶者控除の範囲内となるため、所得税は発生しません。
年収48万円は月に均せば4万円ほどとなります。

それだともの足りないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もっと稼ぎながら配偶者控除を受けたいと思う方は、次にご紹介する確定申告がポイントになってきます。

在宅ワークの場合、扶養内でいくらまで稼げる?

年収48万円までなら
扶養内&確定申告の必要なく稼げる

会社と雇用契約を結ばない働き方の場合は、基本的に確定申告が必要です。

しかし年収が48万円以内ならば扶養控除の範囲内とされ、確定申告をする必要はありません。
また、会社で年末調整を受けている場合なども確定申告の必要はありません。

確定申告「青色申告」をすれば
年収103万円まで稼げる

「在宅ワークで48万円以上稼ぎたい!」という方は、確定申告の一種である「青色申告」をすることをおすすめします。

青色申告をすることで、特別控除として65万円の控除を受けられるため、103万円まで所得税を払わずに済みます。
つまり、パートの配偶者控除で給与所得控除65万円が適用されたのと同じ状態になります。
在宅ワークで48万円以上所得があったら、必ず青色申告をするようにしましょう。

また、所得額が133万円以下となる場合は、配偶者特別控除の範囲内となり、最大38万円までの控除を受けることができます。
ただし、在宅ワークを始めたばかりだと年収48万円でも意外と難しいものです。スキルや資格を得て、実力をつけることが先決となるでしょう。

在宅ワークで扶養内で稼ぐには?

在宅ワークですぐに稼げるようにはならないのが現実!
資格・スキルの習得で収入UPを目指そう

「さあ、在宅ワークで収入を増やそう!」と思い立っても、実際にクラウドソーシングなどで仕事を受注するのは、経験が浅いうちはなかなか至難の業です。

在宅ワーカーはここ数年で増えてきており、発注する側もワーカーのプロフィールを確認し、実績やスキルを見比べて、より信頼できる・しっかりと成果物を上げてくれそうな人を選別します。

そのため、在宅ワークを始める前に資格やスキルを取得し、その旨をプロフィールなどでアピールすることで企業から仕事を依頼してもらいやすくなるでしょう。
また、これまでの社会人経験や得意なこと、作品や受賞歴などの実績があれば、積極的に記載しましょう。

在宅ワークで稼ぐために!おすすめの資格・スキル

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

  • 在宅ワーク初心者の場合は、データ入力やテープ起こしなどの比較的簡単な仕事からスタートするのが王道ですが、そのためにはパソコンスキルが必要です。
    MOSはパソコンスキルを証明できる世界共通の資格で、就職や転職でも有利に働きます。

    マイクロソフトのオフィスソフトを使いこなすことができれば、作業の時短や成果物の見やすさ向上にもつながります。
    企業からも「この人なら締切までに正確な成果を上げてくれそうだ」という評価をされやすくなるでしょう。

おすすめスクール

通学講座

全国】
パソコンスクール アビバ
全国に広がる開講拠点!就業サポートも充実!

全国】
ヒューマンアカデミー/通学
MOS試験合格者数16,000名以上!トップクラスの合格率

甲信越・北陸】
丸の内ビジネス専門学校
長野県松本市のビジネス専門学校

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)についてもっと詳しく知る >>

Webライター

  • 文章の読み書きが好きな人、何かの分野で専門的な知識を持っている人などには、Webライターの在宅ワークがおすすめです。
    クラウドソーシングサービス上には、あらゆる分野のWEBライター求人が載っています。

    Webライターには特に資格は必要ありませんが、WEBライティング技能検定ビジネス著作権検定、WEBライター検定などの資格試験に合格すれば、スキルが身に付き他のライターとの差別化ができるでしょう。

おすすめスクール

通信講座

通信】
デジハリ・オンラインスクール
卒業生の80%が、Web業界でプロとして活躍!

通信】
ヒューマンアカデミー『たのまな』
クラウドクリエイター資格WEBライティング実務士を目指す!

Webライターについてもっと詳しく知る >>

タイトルとURLをコピーしました