在宅ワークで安定収入・高収入を得る方法、役立つ資格スキルを紹介!

貯金箱のイメージ在宅ワークで働く
在宅ワークで働く

在宅ワークで安定収入・高収入を得る方法とは?

単価の高い案件を受注する

単価の高い案件を受注することが、安定した収入、高収入につながります。
単価の高い案件を選ぶほか、単価の交渉も必要となります。
コミュニケーション能力や高い単価に見合うスキルを身に付けましょう。

資格・スキル・実績をアピールする

クラウドソーシングサービスなどでは、自分のスキルや実績、資格などのプロフィールを公表します。
クライアントはそうしたプロフィールを参考に案件を依頼するため、より実力や実績のある人に依頼が来やすくなります
持っている資格やスキルなどの実力、実績をアピールすることで、より高い案件の仕事を受注しやすくなります。

自発的な提案やスキルの向上を行う

在宅ワークでクラウドソーシングサービスなどを利用して案件を得る場合、慣れてくると流れ作業のように受け身で仕事をするようになりがちです。

常に自主的にクライアントへより良い提案を行ったり、スキルの向上を行うことで、クライアントからの信頼を得ることができたり、自身の価値の向上により収入の向上に繋がります。

掛け持ちで案件を受注する

在宅ワークを始めてすぐの場合はおすすめできませんが、複数の案件を掛け持ちすることで、収入の安定や高収入につながります。
しかし、複数のクライアントとのやりとりや、作業スピードの向上並行して作業を行うスケジュール管理が必要となります。
複数の案件を掛け持ちをする場合は、スケジュール管理や成果物の品質を落とさずに納品できるかよく検討してから行うとよいでしょう。

作業スピードの向上

単価の高い仕事の数は多くなく、人気も高いため、単価の低い案件を数多くこなすことが高収入には必須となります。
高いスキルがあっても、タイピングなどのPCスキルや実務の作業スピードが遅いとこなせる案件が少なく収入を増やすことが難しくなってしまいます。
実務作業のスピード向上はもちろんのこと、タイピングのスピードアップなど基本的なスキルの向上も行うとよいでしょう。

ビジネスマナーを身につける

個人事業主である在宅ワークも、会社員と同じ「仕事」です。
もし、趣味やお小遣い稼ぎでの在宅ワークだとしても、発注者であるクライアントにとっては「仕事」「ビジネス」として発注しています。
今後も継続して発注したいと思ってもらえるよう、ビジネスマナーを身に付けましょう。

在宅ワークのビジネスマナー
  • 納期を守る
  • メールやメッセージの返信は24時間以内に
  • メールの書き方のマナーを守る
  • 途中で案件を放棄しない
  • 長期の案件の場合進捗報告を行う
  • 守秘義務を守る
  • 著作権を守る

コミュニケーション能力の向上

在宅ワークでは、案件に関するやり取りや報酬交渉などをメール、チャット行うため、コミュニケーション力を必要とされる場面も多くあります。
また、資格や実績だけで発注する人を決めるわけではなく、クライアントもコミュニケーションを取りやすい人を優先することもあります。
ビジネスマナー同様に、身につけておきたいスキルです。

在宅ワークに必要なコミュニケーション能力
  • 文章で的確に説明、言語化する力
  • こまめな報告、連絡、相談ができる力
  • メールやチャット、Web会議ツールなどのコミュニケーションツールを用途に応じて使いこなす力

仕事を継続する

在宅ワークを始めてすぐの頃は、受注した案件の単価も低く、思ったより収入が少なく愕然としてしまうことも多くあります。
しかし、コツコツ続けていくことで、実績やスキルが蓄積され、単価アップやより難易度の高い仕事にチャンレンジすることができます。よって、収入の安定や高収入に繋がります。
まずは半年以上継続することを目指してみましょう!

クライアントの信頼を得て
継続した案件を獲得する

基本的には単発の案件が多い在宅ワークですが、クライアントの信頼が得られれば、継続的に長期の案件を得ることができることもあります
長期的に継続した案件が得られれば、安定した収入が得られ、案件を探す時間のロスも少なく済みます。
また、新しい案件が発生した時に、クライアントから声をかけてもらえることもあります。

こうしたクライアントからの信頼を得るために、日々のコミュニケーションやビジネスマナー、スキルの向上による誠実な仕事がクライアントからの信頼に繋がります。

自己管理を行う

在宅ワークは、個人事業主のため仕事に関するすべてのことを自己管理する必要があります。
体調管理はもちろん、受け持つ案件を納期通りに納品するためのスケジュール管理も必要となります。

また、確定申告保険などの手続きなど、お金や生活を守るための管理も必要となります。
そういった知識や姿勢が在宅ワークで安定した収入、高収入を得るためには必要となります。

さらに、現状の自分のスキル、収入を客観的に見て、今後の収入目標や将来像に向けたスキルアップなどのキャリア計画も必要となります。

在宅ワークに資格は必要?安定収入・高収入を得るために必要な資格・スキルとは?

タイピングスキル

特にデータ入力などパソコンを使用した仕事に必要なスキルです。
1分間のタイピング文字数の平均が約60文字程度とされ、80文字程度あればデータ入力のスキルとしては十分でしょう。
また、データ入力以外でも、パソコンを使用するWebライターやWebデザイナーもタイピングは作業の時間短縮による収入UPにもつながります。
どんな仕事でも役に立つ時短スキルとして、習得しておいて損はないスキルでしょう。

Excelなどのパソコンスキル

Excelもデータ入力には欠かせないスキルです。
単純な入力作業の案件より、こうしたExcelやマクロを用いた案件のほうが難易度も高く、単価も高い傾向にあります。

独学でも学ぶことができますが、実務で使う関数やショートカットキーなど総合的に学べるスクールの講座を受講したほうが、効率よく短期間で難易度の高い案件に挑戦できるようになります。

仕事に役立つ資格スキル

仕事の内容に関するスキルの向上は欠かせません。
スキルを証明する資格を取得するほか、WebデザイナーやDTPデザイナーはポートフォリオなどの実績の作成も必要となります。
こうした、プロフィールに書ける資格スキルを身につけることで、短期間で収入の安定や高収入を得るきっかけをつくることができます。

しかし、難易度の低い資格は他の人も持っている可能性もあり優位性に欠けることもあるため、「とりあえず資格でも取っておこうかな」という動機で資格を取得すると役に立たない可能性もあります。
難易度の高く優位性のある資格や、難易度の低い資格でも組み合わせて取ることで専門性を高めることが、資格の効果的なアピールになります。

効果的な資格を取得するためにも、仕事内容にどのように資格を役立てたいかよく考えた上で資格を選ぶとよいでしょう。

在宅ワークのための資格取得方法

独学

まずは独学で学び始める方も多いのではないでしょうか。
Webの無料動画や参考書を購入して手軽に資格取得を目指すことができます。

しかし、始めて資格学習をする方や、その分野について未経験の方が自己流で学習すると、効率の良い学習方法や最新の試験情報を得ることができず、合格まで時間がかかってしまうことがあります。

資格スクールの
通信講座・通学講座を受講

少しでも早く在宅ワークで収入を安定させたい、高収入を得たい方は、資格スクールの講座を受講して短期間で資格取得を目指すことをおすすめします。

講座の受講には費用がかかりますが、いち早く在宅ワークを開始して受講費用のもとを取ることができます。
また、条件に合えば教育訓練給付金の受給もできるので、お近くのハローワークに問い合わせてみましょう。

仕事別おすすめ役立つ資格スキル一覧

データ入力に役立つ資格スキル

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

  • データ入力では、通常の入力作業以外にも、Excelを使用した案件もあり、単価も高い傾向にあります。
    Excelのスキルを証明できる資格がMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)です。

    マイクロソフトの各種オフィスソフトを使えることが証明できるMOSは世界共通の資格で、ソフトごとに資格が設けられています。

    試験当日に合否が分かるため、すぐに仕事に生かすことができます。

おすすめスクール

通学講座

全国】
パソコンスクール アビバ
全国に広がる開講拠点!就業サポートも充実!

全国】
ヒューマンアカデミー/通学
MOS試験合格者数16,000名以上!トップクラスの合格率

甲信越・北陸】
丸の内ビジネス専門学校
長野県松本市のビジネス専門学校

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)についてもっと詳しく知る >>

Webライターに役立つ資格スキル

Webライティングスキル

  • Webライターの講座では、ライティングに関する知識を学ぶことができます。
    普段無意識に使っている日本語の正しい使い方やより分かりやすく魅力的な文章の書き方などを学ぶことができます。
    ライティングは誰でも始められるからこそ、こうした知識やスキルが効果的なアピールとなります。

おすすめスクール

通信講座

通信】
デジハリ・オンラインスクール
卒業生の80%が、Web業界でプロとして活躍!

通信】
ヒューマンアカデミー『たのまな』
クラウドクリエイター資格WEBライティング実務士を目指す!

Webライターについてもっと詳しく知る >>

Webデザイナーに役立つ資格スキル

Webデザイン各種検定

  • Webデザイナーは、Photoshopなどのデザインツールでデザインを行う他、コーディングと呼ばれるプログラミングに近い業務も行います。
    そのため、デザインツールの使い方からデザインの学習、コーディングと学習範囲も広く、独学では学習にとても時間がかかります。

    バナーなど小さな画像作成で単価の低い案件もありますが、高い単価の案件を受注したい場合は、総合的に学習でき、スキルを証明できるスクールの受講をおすすめします。

    検定の種類も各スクールで取り扱いが異なるほか、クライアントに実績をアピールする作品集であるポートフォリオの制作もカリキュラムに含まれているスクールもあるため、複数のスクールを比較して受講を決めることをおすすめします。

おすすめスクール

通信講座

通信】
デジハリ・オンラインスクール
スキルが身につく本格的オンラインスクール

通学講座

全国】
パソコンスクール アビバ
全国に広がる開講拠点!就業サポートも充実!

関東
東京デザイン専門学校 キャリアコース
短期集中コース!ホームページ制作技術を基礎から学べる

関東】
【バンフー】入学金ゼロ・印刷会社運営・最短2日でWEB/グラフィックを習得
昼夜間・土曜の開講だから忙しい方でも安心

全国】
ヒューマンアカデミー/通学
これからのデジタル社会で活躍できる人材へ

Webデザイナーについてもっと詳しく知る >>

タイトルとURLをコピーしました