在宅ワークのメリット・デメリットは?向いている人と向いていない人の特徴について解説!

パソコンと机のイメージ在宅ワークで働く
在宅ワークで働く
この記事のまとめ
  • 自己管理・健康管理が基本
  • 頑張りや仕事量が報酬に直結するのが魅力
  • 確定申告などの申請手続きが必要

在宅ワークはテレワークのひとつである、自営型テレワーク及び個人事業主です。
個人事業主のため、ある程度自由が利く反面、確定申告などの義務など自己管理能力が求められる働き方です。

そんな在宅ワークのメリット・デメリットから向いているのか、向いていないひとの特徴を紹介します。

在宅ワークのメリット

自由な働き方ができる一方、個人のスキルアップや自制心が必要。
頑張り次第で評価や収入につながるやりがいは大きい!

通勤時間がかからない

自宅で仕事をする場合と出社をする場合の一番の違いは、通勤時間の節約ではないでしょうか。
通勤時間はもちろん、身だしなみの準備にかかる時間や、満員電車に揺られるストレスも軽減されます。

朝の浮いた時間を家事や育児、勉強など有効に活用できます。

頑張りや仕事量が報酬に
つながりやすく達成感がある

在宅ワークでは、自分が行った仕事は基本的にすべて自分の成果になります。
また、スキルアップや実績を積んで高度な案件を引き受けると共に収入が上がるため、達成感にもつながります。

作業に集中でき業務効率が上がる

在宅ワークでは、突然の来客やミーティングなどに遮られることなく、自分のペースで仕事をすることができます。
そのため、集中力が維持でき業務を効率的に行うことができます。

感染症を避けられる

家族以外の人との直接の接触がほぼないため、感染症などのリスクを避けることができ、安心して生活できます。

時間の融通が利く

会社員の場合、勤務時間が決まっているため、途中で子供の送り迎えや買い物、家事などはできませんが、個人事業主である在宅ワークでは仕事を中断できるので、スキマ時間に仕事をすることができます。

仕事の時間を自由に決められるので、育児や介護、家族との時間を持つことができます。

心身の不調に合わせてストレスなく仕事ができる

在宅ワークでは、人と会う機会も少ないため、出社をする場合と比べ人間関係のトラブルが少ないこともメリットです。
また、他人の目を気にせず、休暇や仕事量の調整ができるので、自分の体調と相談して仕事をすることができます。

出費が減る

服や装飾品、化粧品など、身だしなみを整えるためのものを購入したり外食をする頻度が減りました。
その分のお金を貯金や趣味に充てることができています。

好きな場所で働くことができる

転勤などの家庭の事情で住む場所が変わっても、在宅ワークなら仕事を続けることができます。
また、自宅以外でもカフェやコワーキングスペースなどインターネット環境があればどこでも仕事ができることもメリットです。

在宅ワークのデメリット

収入が安定しない

在宅ワークは個人事業主で仕事単位で報酬を得られる形態が多いため、継続的な案件を得られるまでは収入が不安定になりがちです。
家族の援助や貯金など主な収入源がない場合、まずは収入が安定するまで副業から始めていくということもひとつの方法です。

自分の頑張り次第で収入アップを目指せたり、経験を積んだりスキルを身につけることで評価されやすくなることなど、これらのデメリットも見方を変えればメリットとなる部分も多くあります。
はじめて在宅ワークに挑戦する場合は計画的に始めるとよいでしょう。

仕事環境の管理や健康管理も仕事のうち

家にこもってパソコンに向き合う時間が長くなるため、運動不足や姿勢の悪化、食べ過ぎなどで身体に悪影響が出やすくなります。
また、打ち合わせや納品もウェブを介したコミュニケーションになるため、精神的に孤独感を覚えやすくなります。

意識的に運動の習慣を取り入れたり、姿勢良く作業できるグッズを取り入れるなど、自分自身や仕事環境への投資も在宅ワーク成功のコツとなります。

確定申告・保険などの手続きが必要

確定申告は一定額以上の収入がある場合税務署で申告する手続きです。
会社員の場合会社でやってくれていた税金や保険などの手続きを、在宅ワークではすべて自分で行う必要があるため、仕事以外のこうした知識も身につけます。

家族の理解が必要

自分以外に家族や同居人がいる場合、静かな環境や作業スペースが必要となります。
小さな子供がいる場合や生活音などの配慮などの対策をしましょう。

ライバルが多い

在宅ワークで働く人が増えていることもあり、クラウドソーシングサービスなどでは、資格やスキル、実績などの強みがある人の方が有利となることもあります。

コミュニケーションが難しい

在宅ワークでは、メールやチャットなどでコミュニケーションを取ります。
そのため、文面だけでは伝わりにくかったり、誤解が生じることもあります。
また、対話で話せばすぐに終わることも、文字にすると時間がかかってしまうこともあります。
そういったコミュニケーションの問題を解消するスキルが在宅ワークには必要となります。

問題が発生した場合の対処が大変

たとえば、自宅のパソコンが故障したり、仕事の作業面で問題が生じた場合、会社であれば専門部署や周りの人に聞いて解決できますが、在宅ワークの場合すべて自分で解決しなければなりません。

そのため、仕事以外にも幅広い知識やスキルが必要とされます。

在宅ワークに向いている人の特徴

仕事環境が確保できる人

在宅ワークをする上で必要な、インターネット環境やデスク、作業スペースを確保できることなどが基本的な条件です。
快適に作業ができるよう、少しずつ揃えていきましょう。

自発的・能動的に動ける人

在宅ワークは個人事業主のため、誰かから指示されることやアドバイスされることはありません。
クライアントからの案件内容で分からないことがあれば自ら確認したり、より良いアイディアを提案したりするなど、自発的に動ける人が在宅ワークに向いているといえます。

自己管理ができる人

在宅ワークでは、仕事に関係のない本や漫画、テレビ、スマートフォンなど誘惑が多くあります。
会社員の出社勤務同様、仕事の時間、休憩時間などルーティーンを決めて、自己管理できる人が在宅ワークに向いています。
また、出社勤務に比べて運動する機会が少なくなりますので、食べ過ぎ防止や運動習慣など健康面での自己管理も必要となります。

向上心・計画性がある人

在宅ワークでは、周りの人からの刺激や査定などがないため、スキルの停滞が起こりやすくなります。
そのため、自分のキャリア計画を立てて積極的にスキルアップする向上心が必要となります。

ひとりが好きな人・家にこもることが苦ではない人

在宅ワークでは、必然的に家でひとりで仕事をするため、「ひとりが好き・苦ではない」「家にこもることが好き・苦ではない」人の方が向いているといえます。
ひとりの方が集中できる人や家にいることが好きな人にはおすすめの働き方です。

在宅ワークが向いていない人の特徴

言語化・文章でのコミュニケーションが苦手な人

在宅ワークでは、メールやチャットでのコミュニケーションがメインのため、伝わりやすい文章を書く必要があります。
対面では細かなところもその場で確認できますが、非対面では誤解を招く表現や間違った内容が伝わらないよう配慮が必要です。

指示待ち・受け身な人

会社員であれば、上司の指示通りに動けば問題なく仕事ができることもありますが、在宅ワークでは誰も指示を出してくれる人はいません。
また、分からないことを分からないままにしてしまうとミスの発生にもつながり、手間や信用問題にもなりかねません。

自らコミュニケーションをとることができる人のほうが、在宅ワークには向いていると言えます。

自己管理が苦手な人

仕事に関係のない本や漫画、テレビ、スマートフォンなど誘惑に勝てない人は在宅ワークで働くことは難しいかもしれません。
そういった誘惑のない作業スペースを確保するなど、仕事に集中できる環境を整える対策をしてみましょう。

在宅ワークに必要なお金の知識が身につく資格一覧

簿記

個人事業主である在宅ワークでは、一定の収入を超えると確定申告が必要となります。
申告書類の作成や専門用語など、初めての人には難しい作業です。
また、税理士などの士業に会計事務を依頼することもできますが、費用もかかってしまいます。
しかし、簿記資格を取得すれば、自分で確定申告をスムーズに行うことができるため、在宅ワークをはじめたい方から、毎年の申請作業に苦労している方まで幅広くおすすめの資格です。

おすすめスクール

通信講座

通信】
通信講座ネバギバ
挫折させない通信講座!通学のような手厚いサポート!

通信】
ヒューマンアカデミー『たのまな』
試験の頻出ポイントをバランスよく学び、無理なく合格を目指す

通信】
日建学院/通信
試験攻略のノウハウやポイントが詰まった「合格のための講義」

通学講座

全国】
資格スクール大栄
試験合格に絶対の自信!資格スクール大栄でキャリアを切り拓く!

東海】
静岡キャリアアップスクール
全国でも数少ない工学系講座を開講

簿記についてもっと詳しく知る >>

FP(ファイナンシャルプランナー)

FP(ファイナンシャルプランナー)は、個人事業主として働く上で付きまとうお金の心配や、貯蓄、将来の大きな支出などに備えた計画をするために役に立つ資格です。
在宅ワークを主な収入、本業として考えている場合、FP(ファイナンシャルプランナー)資格でお金の知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

おすすめスクール

通信講座

通信】
産業能率大学 通信教育課程
ストレート(標準学習期間)の卒業率に自信!!

通信】
ヒューマンアカデミー『たのまな』
「DVDコース」「eラーニングコース」2種類から選べる学び方

通信】
日建学院/通信
試験攻略のノウハウやポイントが詰まった「合格のための講義」

通学講座

全国】
資格スクール大栄
試験合格に絶対の自信!資格スクール大栄でキャリアを切り拓く!

FP(ファイナンシャルプランナー)についてもっと詳しく知る >>

タイトルとURLをコピーしました